カラーコーディネーター 能力

能力がないと資格がとれないのか?

カラーコーディネーターは、当然ですが色のプロになります。
それに、企画やデザインに即した配色を考えたりすることで、
人々の個性を引き立てる役割を持っています。

 

カラーコーディネーター資格は、センスが問われるような
仕事や職種だけではなく、快適で暮らしやすい環境を整備する
助けにもなっており、求められる能力は高いレベルにあります。

 

また、カラーコーディネーター資格と聞いて思い浮かべる仕事内容に、
ファッションコーディネートやパーソナルカラー診断があります。

 

ファッションコーディネートでは、その人を素敵に見せてくれる
ファッションアイテムの選び方が特に重要であり、

 

トレンドを捉えたコーディネートは高い知識を身に付けた
カラーコーディネーター資格取得者の腕の見せ所です。

 

そして、資格の能力をフルに活用できるのがパーソナルカラー診断です。
肌や目などに最もマッチする色を選び出せる能力を使い、

 

その人の魅力を引き出して美しく演出したり、健康的で洗練されたイメージを
相手に持たせて、ライフスタイルにあったスタイリングを考えることが
可能な診断法です。似合う色を選び出すのは大変です。

 

高いスキルを得ているカラーコーディネーターにのみ可能である
といっても過言ではなく、自分を一番輝かせてくれる色を診断することで、
その人に自信をも与えられる能力でもあるかのように思えます。

 

色に関する実践的な知識を高めてくれる資格とされます。
色の持つ力を最大限に引き出すのがカラーコーディネーターに
これからも求められる能力ではないでしょうか?