カラーコーディネーター 

最短ルートはあるのでしょうか?

カラーコーディネーターとして資格を取得し、その後
独立してフリーで活躍するにはどのようなルートを辿るのでしょうか?

 

ファッションやデザインなどに興味を持つ方は、
10代に入ると将来に向けた準備を始めることが多いですよね

 

社会の仕組みもある程度理解してきた高校生になると、
希望の仕事に就けるよう大学や専門学校選びをすることもあるでしょう。

 

その中でカラーコーディネーターになりたいのなら、服飾系や美術系、
デザイン系の学部を選ぶと色の知識が学べますから早い選択がいいかもです

 

さらにはアパレルメーカーや企業の商品企画部、デザイン会社への就職が
有利になる学部は学生からも人気が高く、

 

フリーのカラーコーディネーターとして活躍する基礎を築くには最適です。
在学中、カラーコーディネーター資格取得も考える学生はたくさんいます。

 

色彩検定および、カラーコーディネーター検定の2級と3級は比較的基本的な分野が
試験範囲になることからも、学生の内に資格取得する方が多いようで
就職では優遇されることが多いと思っていいと思います。

 

もちろん、さきほどもお伝えしましたが、社会人になってからも取得は可能

 

今後大学を卒業し、メーカーなどの企業に入社した後は、実績を積んで
カラーコーディネーターとしてのスキルをどんどん磨いていきましょう!

 

またカラーコーディネーターのアシスタントして働くのも独立への近道です。
いくつもの仕事をこなし、実力があると認められると、

 

企画のメイン担当者へと進んでハイレベルの仕事をするようになり、
有能な人材だと評価されていきますのでそこをまず目指すのもアリです。
そこから十分な経験を積んだら、いよいよ独立としての準備です。

 

資格取得のために学んだ知識を活用して、フリーとなって独立するには
通常このようなルートを辿っていくのがベターだと思います。
違う道もあると思いますが、参考にしてくださいね!