カラーコーディネーター 仕事内容

仕事内容はどういうものなのでしょうか?

カラーコーディネーターと言っても実はいろいろな仕事があります。
よく知られているのがファッションコーディネートをサポートすること

 

ショップやデパートの販売員となって来客にピッタリな
ファッションやその人にマッチした色の提案をすることです。

 

肌色や目の色、髪の色、そしてその人がもつ雰囲気によって
似合う色が全然違いますからね。

 

カラーコーディネーターは個性を引き出す色をアドバイスし、
その人が本来持つ魅力をアップするお手伝いをしています。

 

また、色の専門家である資格なので、商品開発にも携わります。
商品の色などは売上を大きく左右する時がありますからね!

 

例えば、温かみのある暖色は食品のパッケージに使われることが多く、
食欲を減退させる青色は使わないのが一般的です。

 

また、よりおいしそうに見える色や、センスアップして見える
差し色を決めることでブランドの持つイメージカラーにも多大な影響を与えます。
そう考えると色1つで変わることが分かると思われます。

 

お菓子のパッケージや調味料の入ったボトルのデザインを決める
この様な企画に参加することも多いです。色ひとつで売上も変わるからこそです

 

この様に資格取得で得た豊富な知識をフルに使って行う
大切な仕事がどんどん出来る様になっていきます。

 

また企業ロゴのカラーも、ブランドのイメージを決めますよね?
目的別に最適な色をチョイスするのは資格取得者の重要な仕事です。

 

それから、カラーコーディネーター1級資格では、街並みの整備などの
都市計画に必要な調査を請け負う仕事もあるんですよ!凄いですよね!

 

カラーコーディネーターの仕事内容は色の専門知識を活用して、
携わる分野は非常に多岐に渡ることが分かって頂けると思います。