カラーコーディネーター 役割

どんな場面で役割を担うのか?

人気資格であるカラーコーディネーターに
クライアントが寄せる期待は大きいとされますが、
それにはカラーコーディネーターの役割が関係しています。

 

この資格は評価の高い資格であることからも、色に関する知識の高さが
非常に要求され、社会に対する影響力あると言われているんですね!

 

さきほどもお伝えしましたがカラーコーディネーターの基本の仕事は、
商品の色を決めることなどが主です。しかし、色の決め方は
あなたが思っているほど簡単ではありません。

 

いかに商品の特徴をつかんで個性ある物に見せるか、
いかに消費者の購買意欲を高めるかにかかってきます。

 

カラーコーディネーターの役割は、イメージを膨らませて
魅力ある演出をすることになりますから難しいんですよね

 

例えば、流行の最先端のファッションを選ぶ時、着る人の顔色や
髪色に合わない色を選んでは、折角の流行のファッションも
センスよく見えないと残念ですもの。

 

肌の色などを分析し、美しく見せる色遣いの服を選んでこそ
カラーコーディネーターの最大の能力なのです。

 

同様に建築も、例えばショッピングを楽しむような場所には
心浮き立たせるような配色が効果的であり、暗く沈むような
色彩ではお買い物をする気も沸きませんもの

 

また、食べ物も食べてみたくなる色合いというものがありますね。
鮮やかな色や瑞々しさを感じる色は食欲を刺激されるからこそ
是非食べてみたいという気持ちを高めます。

 

つまりですね、色は我々の感情にも働きかけます。
イメージに合わせて色や配色のアドバイスをするのが、
カラーコーディネーター有資格者の大切な役割です。

 

とてもニーズの高い資格ですので、色に興味がある方は
今からでも勉強をしながら取得を考えてみるのもいいと思います。